株式会社エイブル

松本怜子様:人事本部 人材開発部 兼 人事管理部 マネジャー
・店長候補者向けリーダーシップ開発プロジェクト

「組織理解力の高さと圧倒的な柔軟性」

組織理解力の高さと圧倒的な柔軟性

JAMさんには店長候補者を対象とした「リーダーシップ開発プログラム」を、エイブルオリジナルで設計・実施するプロセスをお手伝いいただきました。
この取組み自体は昨年からスタートしていましたが、思ったような講義の組み立てが難しい状況になっていました。リーダーシップの講義で狙った視点の変換(=非管理職からの管理職への視点の変換)が1回〜数回の講義で醸成することはかなり難しかったためです。やはりOJTのような形で上長からの継続的なフィードバックが必要不可欠でした。
この『上司からの継続的なフィードバックが彼らの成長に必要である点』や、『やがて店長を担う参加者が、店長本来の姿である、自ら考え、判断し、数字を創っていく、という方向に継続的にチャレンジしてほしいという点』も鑑みると、アクションラーニング的なトレーニングこそ提供していきたいと考えました。
とはいっても、そういった仕立てのトレーニングはかつて取り組んだ経験がなかったのでまさに手探りのスタートでした。

JAMさんの印象は「エイブル理解度の高さ」と「ずば抜けた柔軟性」です。当初、他社さんからの提案も受けましたが、JAMさんの企画はエイブルのための、まさにエイブルオリジナルのプログラムでした。事業と組織の状況、エイブルの特性、そして対象者のレベルを踏まえた、現実的でありながら挑戦のエッセンスも含まれたプランでした。
エイブル社内用語も短期間の内にキャッチアップして資料に盛り込んでくださり、それらのプロジェクトに関わる様々な社内資料は説明しやすく、伝わりやすいものでした。私は、社内で使われる言語にその組織の特性や文化が現れると考えているので、そのあたりを大切にしてくれたこともパートナーとしての信頼につながりました。

進めていく途中で大きく方向転換を迫られる場面にも直面したのですが、その際の対応も極めて柔軟に「であれば、こうしましょう。」とご提案いただけました。いつも同じ目線で同じゴールを見て共に議論しながら創りあげていける、心強いパートナーという感覚でした。

「ROIの高さ」

ROIの高さ(コスパが良い)

今回のプロジェクトはROI(投資対効果)の高いものでした。それは、参加者である店長候補者に対してだけでなく、彼らの上司である部長層に対する副次的な効果を大いに得られたからです。

今回のリーダーシップ開発プログラムは、世の中の一般的なリーダーシップ開発ではなく、「エイブルで店長として成果を上げていくために必要なリーダーシップ」の開発が目的です。プログラム開発は社長インタビューなどからその独自の要素を抽出・整理、言語化するところからスタートし、プログラム設計においてもリアリティある題材をふんだんに提供していく流れで検討しました。
そこからの自然な流れなのですが「エイブル独自の要素を学ぶプログラムの講師が外部の方というのもおかしな話では?」となり、プログラムの講師も社内の人材が担おう!と。結果、営業部長(=複数店舗のマネジメントを担う役割)全員を候補者とした、講師の座を勝ち取るための選考会の実施が決まりました。

選考会の実施については、本業が多忙な中で前向きに取り組んでもらえるだろうか?といった不安を持ちながらではありましたが、事前説明会・選考会の設計をこだわって実施した結果、全員が十分に準備をして臨んでくださり、選考会の内容は非常に質の高いものとなりました。社長はじめ経営陣が選考官としてフィードバック役を担ったことで、部長陣にとっての新たな挑戦の機会、自身の成長課題認識の機会ともなり、素晴らしい仕掛けになったと感じています。

また、東西に2つある営業部の両執行役員も快く協力下さり、全営業部で展開していく流れになったことも本当に取り組んでよかった、と感じたことの一つでした。

「今後に向けて」

今後に向けて

今回の取り組みを通じて、「エイブルで店長となって成果を出していくために必要なリーダーシップ要素」が体系的にシンプルに言語化されたことの効果は本当に高かったと感じています。そして、やるべきことや進むべき方向が明確となり、現場での新しい行動へと確実につながっています。上司と部下の間の育成や成長をテーマとしたコミュニケーションを強化するきっかけにもなりました。
一年目をJAMさんに並走いただくなかで色々とコツもつかめてきたので、来年以降も新たな講師陣で、次の店長候補者へと展開していきたいと思います。

そして、担当した私自身のモチベーションアップにも大きな効果がありました。これまで人事制度まわりの仕事が中心だった私にとって、今回のプロジェクトは初めての連続でしたし、参加者のアクションラーニングをフォローしながら進めていくことはなかなか大変ではありましたが、「変化に並走する」ことの醍醐味を十分に味わってしまいました!

今後も、事業成長、業績成果を高めていくための、組織開発、人材開発にどんどん挑戦していきたいと考えています。
参加者のみなさんが、数年後にキャリアを振り返った時「あそこが分岐点だった」「あの時の気付きが自分を変えた」と思えるように支援していきたいですし、これからも「エイブルに入ってよかった」と思ってもらえる組織づくりに挑戦していきたいと思っています。

株式会社エイブル

会社名
株式会社エイブル
設立
1979年7月
社員数
3,217名(2016年12月現在)
店舗数
418店(直営店) 367店(ネットワーク店) 13店(海外店)(2016年12月現在)
業務内容
「賃貸仲介事業」をはじめ、引越取次・リフォ-ムなどを行う「賃貸仲介関連事業」、 オーナー様の賃貸物件の管理を担う「管理事業」、「賃貸仲介フランチャイズ事業」などを展開

松本怜子様 (人事部 人事管理グループ)

氏名
松本怜子
役職名
人事本部 人材開発部 兼 人事管理部 マネジャー
業務内容
エイブルの教育施策の企画・運用
グループ会社関連人事制度の企画・運用

JAMによるサポート内容

コンサルティングプログラム

店長候補者向けリーダーシップ開発プロジェクト(期間:8ヶ月間)

店長育成を目的とした社内大学、ABS(エイブル・ビジネス・スクールの略)の1カリキュラムである「リーダーシップ開発プログラム」をオリジナルで設計し、実施プロセスを並走したプロジェクト。
継続運用や社内展開を前提に、出来上がったプログラムの講師は社内より選抜。その選考会〜講師トレーニングまでも含めてサポート。

採用情報

JAMの価値観に共感して頂ける人材を募集しております。

採用サイトへ

お問い合わせ

JAMのサービスについてのお問い合わせはこちらから。

お問い合わせページへ