STAFF

「エネルギーが倍増する場所」

佐藤琴美

(組織コンサルティング事業部 クライアントパートナー)

佐藤琴美

経歴

佐藤琴美

埼玉県出身。
小学校以降、ずっと運動部だったこともあり七五三以来ずっとショートカット。
両親は共働きで鍵っ子だったせいもあってか群れるのは苦手、でもチームは好き。

大学時は幼い頃から憧れていた”青年海外協力隊”の影響でNGO活動や海外留学(&それらの資金集めの為のアルバイト)を通じて自己流に野外授業を楽しむ。
日本語教師になろう!と台湾でひとり就活をするも日本語教師としての価値を考えた際に、新卒学生として伝えられることの限界を感じ色々な業界や職種、日本のはたらき方や日系企業の採用を知りたいと考える。

そして当時、海外法人と統合したばかりだったインテリジェンスに入社。
いずれは海外法人に行くことを目指して紹介事業部の法人営業として経験を積みながら、中国法人への社内公募に手を挙げ現地法人への切符を手にする。

中国の支店で、約2年半人材紹介および労務や研修関連事業に従事。
海外での日系企業の現地法人立ち上げの苦労や労働問題を肌で感じながら、自社の拠点拡大や会社統合を経て、組織づくりや制度・育成への関心が強まる。

帰国後、JAMにジョインし、ベンチャー企業の組織開発や人事課題解決を学びながら自社もスタートアップであるJAMの中で組織の在り方や変化を感じている。

2007年
株式会社インテリジェンス 新卒入社
人材紹介部門の法人営業として顧客企業の中途採用支援に携わる
2012年
英創人才服務(上海)有限公司 へ出向
中国現地法人の設立2年目の支店にて人材紹介・研修サービス・人事労務コンサルティングの法人営業に携わる

今の仕事内容

コンサルティング事業のクライアントパートナー。
各種コンサルティング案件のサポートのほかベンチャー企業の経営者や
人事の方々向けに有益な情報発信や機会づくりを担当。

メッセージ

佐藤琴美

海外で感じたあの感覚を日本でも味わいたい。

その感覚のひとつは熱量の大きさでした。
会社もバックグラウンドも異なる人々が集い人も仕事もつながって、新たなコミュニティが増殖していくようなエネルギー。

例えば、各業界を代表するような企業の駐在員の方、中国でビジネスを立ち上げ活躍されている方、そのご家族の方々などが会したとき、
「このマーケットではこんな情報交換をしているんだ」
「この会社とこの会社でこんなコラボが実現するのか」
「奥さまの間では今こんなことが話題になっているんだ」
といった新たな発見が交換されるその場の熱量の高さはとても刺激的でした。

その根底には「畑は違えど各々の持てる力をもって、この土地で日本を盛り上げよう」という思いがあり、業界や専門性は違えど皆が同じ気持ちで集まっていたからだと思います。

JAMに入社し、携わらせてもらっている案件は多岐に渡ります。
業務改善のプロジェクト
人事評価制度の設計
幹部研修・新卒研修の企画 etc..

代表の水谷をはじめ経営者としての顔も持つ3名のプロフェッショナルなコンサルタントとそれぞれ異なる案件に取り組む中で感じること。
それはプロジェクトの進め方やコンサルタントとしてのキャラクターは違えど「お客さまと一緒に最適解を見つけていく」「求められるものを超えて、その先にある本質的な課題にリーチし解決を目指す」というコンサルタントとしてのスタンスが一致しているということ。
それゆえにそのこだわりと各々の経験値がぶつかって倍々されお客さまへ届けられるものがもっと、進化していく。
その熱量を感じながらプロジェクトとお客さまの変化に向き合っています。

そんな力量ある個人が行き交い、自分を磨こうとする個人が集まり熱量が生まれていく。
私はいま、そんな場所にいます。