STAFF

「JAMと議員、
ふたつを両立する」

秋山政明

(新卒紹介事業部 クライアントパートナー)

秋山政明

経歴

秋山政明

茨城県古河市生まれ。
中学より陸上競技を始め、走高跳びに没頭。以降、高校大学まで陸上を継続。

また高校卒業と同時に渡米し、アメリカの州立大学に留学。
マーケティングを専攻しながら、世界トップレベルの選手が集まるチームで陸上を続ける。

そして大学卒業後、新卒でリクルートに入社。
進学事業部(現リクルートマーケティングパートナーズ)に配属され営業に従事。
以降6年間、大手大学から小規模の短大・専門学校まで多くの学校法人をクライアントに広告営業を展開。

その後、同社を退職し地方統一選挙に市議会議員候補者として出馬し、2位当選を果たす。
市議会議員としてまちづくりを行いながら、一方で経験やスキル不足を実感し、さらに鍛えるためJAMに入社。

2008年
株式会社リクルート 新卒入社
進学事業部の営業を経験。
2010年
株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 分社化による転籍
大手クライアントの部隊に配属され、チームリーダーを任される。
2015年
JAM入社

今の仕事内容

メディア事業「就活ファール!」のクライアント&学生パートナー。
ベンチャー企業に新卒学生を紹介する一方で、学生一人ひとりにキャリアカウンセリングを行う。
企業と学生の幸せなマッチングを実現するために、双方と密なコミュニケーションをとりながら、新卒紹介を行っている。

メッセージ

秋山政明

政治家を目指し、市議会議員になって気づいたことは、もっと経験・スキルが必要だということ。

これからの街は、若者の流出に加えて、人口減少・少子高齢化といったこれまで直面したことのない問題を抱えていきます。

その問題を解決するためには、自治体で長く活躍する職員の働き方に変化を起こさなくてはいけない。

また街に訪れる人を増加させ、消費拡大するためにも地域独自の取り組みを新たに展開しなくてはいけない。
そう思い、組織コンサルティングと新規事業立ち上げの経験が必要だと感じました。

JAMはそのどちらの経験も積むことができ、今後組織が大きくなれば更に多様な経験を積むことができます。

そしてJAMはDual Workを推奨する稀有な会社です。 政治家としての夢を諦めず議員として突き進みながら、より夢に近づくための選択肢としてJAMで働くことを選択できる。

そんなDual Workを「アリだよね!」と言ってくれる会社はJAMだけだと思います。

キャリア選択のできる会社が増えれば、個人の人生がより豊かになる。

私は、その手本となりたい。