2019.05.23 代表Blog
代表Blog02

オリンピック休暇

一流の仕事をするために


JAMでは自分たちが一流の仕事をするために世の中の一流を知る、を大切にしています。これまでも毎年度末には、全員で一流と言われるレストラン(ロオジエ、フロリレージュなど)を訪れるイベントを行ってきました。

私はもちろん、おそらく当社の全員がオリンピックレベルの世界的イベントが自都市開催されるのは人生で最後でしょう。来年の東京オリンピックの観戦は人生の一大イベントとなること間違いありません。ですので、兼ねてから「東京オリンピックの期間、仕事してる場合じゃないよね。会社全休にする??」と話題にしていたんです。

 

「オリンピック休暇」導入決定


そしていよいよ28日のチケット購入申し込み締切を控え、正式に「オリンピック休暇」の導入を決定しました。

・オリンピック期間中「会場での観戦」を理由に5日間の休暇取得を推奨
・チケット代を一人5万円まで支給(家族や友人の観戦分でも枠内ならOK)
・オリンピック終了後に観戦者で集まり、体験を共有する場を持つ

オリンピック期間は土日含め17日ですので、平日という意味では半分くらい休むことが可能です。なかなか素晴らしい期間を過ごせるのではないでしょうか。社員それぞれが最高の体験を味わうことを願っています!

採用情報

JAMの価値観に共感して頂ける人材を募集しております。

採用サイトへ

お問い合わせ

JAMのサービスについてのお問い合わせはこちらから。

お問い合わせページへ