UTグループ株式会社

UTグループ株式会社 経営・人材管理部門 人事企画ユニット 統括部長 出羽亮様、シニアプロフェッショナル 青栁恵美様
・目標設定研修・評価フィードバック研修の企画開発〜実施プロジェクト

「運用できる制度を一緒につくっていく」

出羽様:
当時、新たに導入した人事制度を上手く運用にのせられずにいました。とはいえ頻繁に制度を変えてしまっては混乱を招くだろうし、どうすれば人事制度が社員に理解され、うまく活用される状態が実現できるかと悩んでいました。制度の齟齬というよりは、運用の齟齬が大きいという認識はあったので、人事制度設計から運用支援、管理職のトレーニングまで広く支援してもらえそうなパートナーを探していて、JAMさんに出会いました。

 

青栁様:
JAMさんには、新たに言語化したHRポリシーを軸に人事制度を再編集するところからお手伝いいただきました。複雑になりがちな人事制度を誰にでもわかりやすいように「人事制度ハンドブック」としてまとめなおし、最終的には人事制度以外の様々な人事施策をシンプル・わかりやすくまとめた「人材マネジメントガイドブック」の作成もお願いしました。

 

出羽様:
まずは「新人事制度の理解」という土台を整えた上で、運用の肝になる管理職の育成に着手しました。JAMさんはそこまでのプロセスをご一緒する中で深く広く当社を理解していてくださったので、いつも痒い所に手が届くというか、「あ、そうそうそれ」と、ズバッと刺さる提案をしてくれました。提案までのスピードが早かったのも気持ちよかったですね。

 

青栁様:
カスタマイズで研修設計をしてくださるというのは大きな魅力でした。ありもののパッケージではなく、当社に合った最も効果を高めることができる内容を一緒に考えてくださるパートナーというか。

「徹底した事前準備と対応力」

青栁様:
研修はワークやディスカッション等の内容が中心で、当社の課題を踏まえて受講者が持ち帰って現場で活用してもらいやすい内容に仕上げていただきました。実際の研修の場でも、実践に結びつけるための仕掛けをたくさんしてくださった印象です。一方で、入念に準備をしたその内容を、当日、受講者の状況を踏まえて思い切って捨てる、大きく変更するという判断もしていましたよね。いつもJAMさんは、「最も効果の高い場にするために」と、冷静に対応してくださっていました。

 

出羽様:
当日の対応力、フレキシビリティというところは、徹底された事前準備の上に成り立つものですよね。想定どおりに行かなかったケースもありますが、人事制度が運用にのるために、管理職が必要な知識とスキルを身につけるために、事前準備で一緒に散々頭を悩ませたのは思い出深いです。

 

青栁様:
そういう意味でもやっぱり、JAMさんの魅力は「柔軟な対応力」です。当社のマネジメント層は男性が多く、また現場経験が長い方も多いので、一方的に押し付けられることに反発してしまうというか、苦手なメンバーが多いんです。さらに、これまで会社としてあまり研修を実施していなかったので、期待の一方で「で、何が学べるの?」と面倒くさく感じる部分も入り混じった状態の受講者に研修をするのは大変だったと思います。研修の中でも「言ってることはわかるけど、実際は…」という声は上がっていました。対して、講師の水谷さんがご自身の経験や他社比較など、様々な素材や情報をうまく盛り込みながら語ってくださいました。押し付けではなく上手く現実との接続をしていただけたことで満足度の高さにつながったのだと感じています。

 

「意識が変わる 組織が変わる」

青栁様:
JAMさんが他の会社さんと違うなと感じるのは内製化を勧めてくださること。「ここはもう皆さんでできるんじゃないですか」と、当社が自走できるようなる方向で考えてくださいます。実際に、新任管理職向けの研修については、作っていただいたプログラムを人事主導で実施しています。

 

出羽様:
去年1年間かけて全管理職130人に目標設定と評価フィードバックの研修を実施し、人事制度運用のポイントが浸透した効果は確実に上がっています。先日人事から人事制度運用における何かしらの支援が必要かどうかヒアリングした際に、大半の部門から「自分たちでできそう」「まずはやってみたい」という回答を受けました。このような意識醸成ができたのは大きな前進だと思うので、これからは運用の質を上げることに取り組んでいきたいですね。

 

青栁様:
成果は組織サーベイの結果にも出てきています。大きくは2つで、1つは、管理職にメンバーと向き合う姿勢が育ってきたという変化。もう1つは、評価の納得感が高まってきたというところ。管理職が何か変化・進化しようとしていることが、部下に伝わっているのだと感じます。

 

出羽様:
人事の方で人事制度運用のスケジュール管理はしていますが、期日までに評価のフィードバックが完了している率も上がってきています。フィードッバックに対する意識が全社的に変わってきているのは実感値としてすごくありますね。もう1つ傾向として見えつつあるのは、制度の運用がしっかりできていると部署は、実はおしなべて業績も好調ということ。組織づくりの武器の1つとして現場に活用してもらえるよう、継続的に取り組んでいきたいと思っています。

 

会社名
UTグループ株式会社
設立
1995年4月
社員数
21,736人 (2019年3月末時点グループ連結在籍数)
事業内容
製造・設計・開発・建設分野等の無期雇用派遣事業

JAMによるサポート内容

コンサルティングプログラム

目標設定研修・評価フィードバック研修の企画開発〜実施プロジェクト

新人事制度の運用・定着強化に向け、評価者向けの研修プログラムの企画開発から実施までをトータルでサポート。目標設定プログラム(1.0日)、評価フィードバックプログラム(1.0日)を、それぞれ総勢約130名が受講。

採用情報

JAMの価値観に共感して頂ける人材を募集しております。

採用サイトへ

お問い合わせ

JAMのサービスについてのお問い合わせはこちらから。

お問い合わせページへ