2020.07.16 代表Blog

集合型研修じゃない管理職育成サービス「マネディク」を作ったわけ

集合型研修は10年後どれくらい残っているだろうか?


これはもうだいぶ前から考えていることです。
当社は組織コンサルティング会社ですから、みなさんが研修と言われてイメージするいわゆる講師派遣型の研修も実施しています(というかメインサービスです)。
この、実施するクラインアントの会議室に講師も受講者も集まり研修を実施するという形も、変化していかなければいけないのではないかと感じています。

デジタル化が進み、人々の生活が代わり、時代の価値観が変わってきています。
昔は雨の中でも流しのタクシーを探しましたが、今はスマホで呼ぶ時代。
本や音楽は物理的なメディアではなくなりつつあります。
UberのRide Shareにみられるように、様々なものをシェアする時代にもなってきています。

ただ依然として、人材教育の世界では講師派遣型研修が好まれています(少なくてもコロナ禍以前は)。
この時代に紙を配ってやっているんです!
変わったのはせいぜい資料のデザインが今風になってくらいでしょうか。

研修の形も変わる


今後10年以内にこういった実地型研修の実施は半分くらいまで落ち込むのではないかと考えています。
これはネガティブなことではなく、社会の流れ、時代の流れに適合していくということです。

昔は店に行って買うのが普通だった服も、今はネットで買う時代。
特にデジタルネイティブとも言われるいまの若者は、ネットで服を買うことに抵抗がありません。
(うちの新入社員たちもネットで買っているそうです。最近は私も抵抗が無くなりりました。)

新卒採用だって変わってきました。
僕が就活するときは、リクルートブックが家に届き、資料請求をする時代だった。
けれども、少し下の世代になれば就職ナビの時代。

このように企業における育成・研修も形を変えていくと思っています。
いきなりではなく、徐々にだとは思いますが…
集まってやるのが普通という時代から、集まらずにどうやるかという時代へ。

なぜ集合型研修じゃない管理職育成サービス「マネディク」をつくったか


だからこそJAMでは、およそ1年前から「マネディク」というSaaS型のサービスを始めました。
WEB上で動画学習機能/質問機能/テスト機能を使い、管理職一人一人がその時に必要なものを自分ら学び、
さらに実地型の研修で他社のマネジャーと交流することで、よりレベルアップを図るという内容です。

いまコロナ禍の中でその変化の流れが見えてきていると感じています。
オフィスに出社しなくても仕事はできる。集まらずにどう研修をやるか。
いまは試行錯誤しながらですが、これが当たり前になる未来はきっとそう遠くない時間でやってきます。

そのお手伝いをしたい。
「人が集まれないなら、研修を諦める」とならないために
時代の変化に合わせて組織スタイルを変えてくことで成長をより加速するために
だからいま集合型研修じゃない管理職育成サービス「マネディク」をやっています。

管理職育成のスタートアップキット「マネディク」
詳しく知りたい方はこちら

採用情報

JAMの価値観に共感して頂ける人材を募集しております。

採用サイトへ

お問い合わせ

JAMのサービスについてのお問い合わせはこちらから。

お問い合わせページへ